風呂上がりの暖房で汗だく >

風呂上がりの暖房で汗だく

「幸運」のことを特別に感じている人って、たくさんいるのかな。幼い頃の体験や固定観念とかそんなのが、「農家」と結びついてしまうことも、確かにありうる話だよね。
写真

気どりながら熱弁するあなたと私

まだ行ったこともない寒い国、ロシアに、必ずいつか行けたらいいなと夢を持っている。
学校での英語学習に行き詰った時、ロシア語を少しだけやってみようかと考えたことがある。
ところが、ぱらぱらめくったロシア語の文法の参考書をみて一瞬にしてあきらめた。
動詞の活用形が生半可ではないほど複雑だったのと、会話の巻き舌だ。
観光目的でスピリタスとビーフストロガノフを目標に行きたいと思う。

夢中で大声を出す母さんと夕立
今時のネイルスタジオは、スカルプチュアなど、凄く高い技術が使用されているようだ。
気持ち程サービスしてもらえる招待券を貰ったので、サロンに向かった。
思いっきり、カラーやシンプルさに対して、優柔なので、決定するのに時間を要した。
小指だけ簡単なアートをしてもらって、かなり上機嫌になった。

涼しい平日の朝はこっそりと

本日の体育の授業はポートボールだった。
少年は、球技は得意ではなかったので、仏頂面で体操服に着替えていた。
きっと今日は、運動は何でもこなすケンイチ君ばかり注目を集めることになるはずだ。
今日はきっと、運動神経のいいケンイチ君の活躍が目だつはずだ。
ということは、少年が密かにあこがれているフーコちゃんも、ケンイチ君を見つめることになるのだろう。
少年はフーコちゃんをチラチラ見ながら、体育の場へと出かけていった。
だけどフーコちゃんは、ケンイチ君じゃなくて、少年の方をチラチラ見ていたことを、少年は気付かなかった。

月が見える週末の午後は読書を
急激にネットが普及するとは、幼かった私は予測ができなかった。
品物を扱う会社は今から競争が激しくなるのではないかと思う。
パソコンを使って、一番価格の低い物を発見することが不可能ではないから。
競争が活発になったところでここ最近よく目につくようになったのが成功のためのセミナーや情報商材だ。
もう、成功するための手段が売れるようになっていて、何が何だかピンとこない。
手段と目的がごっちゃになってしてしまいそうだ。

天気の良い月曜の日没に料理を

チカコが、マンションのベランダで、トマトを育てている。
実がなったらサラダを作りたいそうだ。
彼女は、しょっちゅう水も肥料も与えないし、すぐそばでタバコをふかすので、トマトの生活環境はぜんぜん良い環境ではない。
丸1日、何も与えていないと言う時期の、その姿は、緑色の葉がだらりとしていて、どことなくしゅんとしている姿に見える。
気の毒になったので、水と肥料を多くあげると、あくる日の早朝のミニトマトは生き生きと復活していた。

どんよりした大安の夕方はビールを
常にEくんからのメールの中身は、一体何を伝えたいのか全然分からない。
お酒が入ってても飲んでなくてもよく分からない。
だけど、彼が部署で考えたという、会社の商品と寄付金についての紹介文を見せてもらった。
普通の文を書いてる!と思って、びっくりした。

息もつかさず歌うあなたと夕焼け

OLだったころに、仕事を退職するきっかけが持てなかった。
かなり辞職したかったわけではないから。
働く気持ちがないのかもしれない。
面倒になって、その時、本気で今月で辞職すると伝えた。
そんな日に限って、普段少し仕事が細かいと感じていたKさんが、こっちに向かってきた。
話している中で、自分の事情を知らないKさんが「この業種、難しいよね。だけど君はもうちょいやっていけるよ。」という話をしてきた。
なぜか泣きそうになった。
そして、その日の帰りに、教育係に辞職を無かったことにしてもらった。

風の強い木曜の夜に外へ
甘い物が大変好きで、ケーキや水ようかんなどを自分でつくるけれど、子供が大人のものを欲しがる年になって作るお菓子が制限されてきた。
私と妻が大変喜んで口にしていたら、娘がいっしょに口にしたがるのは当たり前なので娘も食べられるバウンドケーキをつくる。
私は、チョコ系が非常に好きなのだけれども、娘にはガトーショコラなどは小さなうちは食べさせたくないのでつくれない。
ニンジンやバナナをいれた蒸しケーキが栄養的にも良いと考えているので、砂糖とバターをひかえてつくる。
笑顔でおいしいと言ってくれたら、とてもつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
ここ最近、ホームベーカリーも使ってつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

汗をたらして跳ねる父さんと僕

明日香は、短大に入ってすぐに仲良しになった仲間だ。
明日香ちゃんのプラスポイントは、おおらかで細かい事はどうでもいいという寛大さ。
私が仲良くなりたいと言ってきたようだが、さっぱり覚えていない。
一緒にいると、すべてシンプルになるので、とっても心が軽くなる。
シャープな印象でスキニーなのに夜中にハンバーガーを注文しに車を走らせたりするらしい。

風の強い木曜の昼はお菓子作り
都内でも江戸の頃から賑わっている町、台東区にある浅草。
その中で知名度の高いお寺が浅草の観音様。
つい最近、浅草寺詣でに行った。
久しぶりに行く東京の浅草詣で。
改めて、自身の目できちんと直視し分かったことが、日本人以外のツーリストが多いという事実。
色々な国よりツーリストが集まる浅草は、ちょっと以前より明らかに増えている。
おそらく、世界一背の高い総合電波塔、スカイツリー完成の影響もあるだろう。
アジア方面からは、羽田のハブ化で身近になったという事で、それと、ヨーロッパの方や欧米諸国からは、着物や和装小物に魅力を感じてやってくるツーリストが多いのだろう。
それはさておきこれから先も多くの外国人観光客が、来るということを予想した。
日本の素晴らしさを見つけぜひ楽しんで心に残る記念にして欲しい。
私は、仲見世通りをじゅうぶん散策することができた。
お土産として有名な人形焼と雷おこしなどをたくさん買って、着物や帯も観賞させてもらった。
宝蔵門を抜けると、立派なご本堂が見える。
この屋根の瓦はチタン瓦を使用し、改修工事を行ったという。
本堂の観音に日頃の感謝と旅の無事を祈り手を合わせた
今の努力が、必ずどこかで実りますように。

サイト内コンテンツ

Copyright (c) 2015 風呂上がりの暖房で汗だく All rights reserved.
▲ページの先頭へ