函館市 借金返済 弁護士 司法書士

借金や債務の相談を函館市に住んでいる人がするならコチラ!

お金や借金の悩み

多重債務の問題、借金の悩み。
借金・お金の悩みは、自分一人ではどうしようもない、大きな問題です。
ですがいきなり、弁護士・司法書士などに相談するのも、ちょっと不安になったりする、という人も多いでしょう。
このサイトでは函館市で債務・借金のことを相談する場合に、おすすめの法務事務所・法律事務所を紹介しています。
ネットで相談が可能なので、初めての相談という人も安心です。
また、函館市にある他の法律事務所や法務事務所も載せているので、それらも参考にしてみてください。

債務整理や借金の相談を函館市に住んでいる方がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

函館市の借金返済・多重債務問題の相談なら、ここがおすすめです。
弁護士対応で、しかも全国対応の法律事務所です。
初期費用が0円だから、現在の手持ちがなくても安心です。
料金の支払は、分割払いも可能。
相談料ももちろん0円!
借金の取り立てをSTOPするのも可能です。
自己破産、個人再生、任意整理、過払い金、など、債務や借金の問題について相談することができます。
しかも、窓口では365日24時間、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(通話料0円)で相談受付できるので、借金返済で困っている人も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国に対応している、債務や過払いの悩みが相談できる法務事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、など、自分にピッタリのやり方で、どうしようもないほどの借金問題を解決します。
また、過払い金の請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から料金を支払えます。
任意整理も、和解成功報酬・減額報酬などを一切支払わなくてよいので、おトクに解決できます。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口もあるので、女性の人も安心です。
まずは気軽に無料相談からいかがでしょうか。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

函館市の人が債務整理や借金の相談をするなら、まずこのサービスもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という、インターネットを使った借金の診断ツールです。
簡単な質問に答えるだけで、どうすれば借金が減るかという方法や、毎月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり弁護士や司法書士へ直接相談するのは、ちょっと不安。
そんな人にピッタリです。
しかも匿名で、無料で利用できます☆
全国に対応のサービスなので、函館市の方も安心です。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすか分かる!
  • 月の返済額がいくらになるのか分かる!
  • 無料&匿名で利用できる!
  • 全国に対応!
借金解決のための第一歩として、無料診断ツールを試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
匿名&無料で、借金の診断と相談を。



弁護士へ相談前の注意



他の函館市周辺にある司法書士・弁護士の事務所を紹介

他にも函館市には弁護士や司法書士の事務所があります。これらも参考にしてください。


●酒井博司法書士事務所
北海道函館市新川町27-13
0138-27-0703

●菅原法律事務所
北海道函館市新川町23-1
0138-22-3210

●くにや司法書士法人本店
北海道函館市堀川町6-15
0138-30-4008
http://kuniya.biz

●函館司法書士会
北海道函館市千歳町21-13 桐朋会館 3F
0138-27-0726
http://h-shiho.com

●川原京子司法書士事務所
北海道函館市新川町24-10 三光マンション 1F
0138-22-5544

●五稜郭法律事務所
北海道函館市梁川町6-6
0138-33-1551
http://ab.auone-net.jp

●司法書士山本直樹事務所
北海道函館市新川町24-11
0138-23-1399
http://yamamoto-siho.jp

●佐藤武俊司法書士事務所
北海道函館市新川町27-7
0138-26-4051

●河野法律事務所
北海道函館市大手町5-10
0138-27-8010

●植松法律事務所
北海道函館市若松町28-10
0138-21-1005

●室田法律事務所
北海道函館市海岸町10-13
0138-43-4178

●島野潤一事務所
北海道函館市千歳町27-8
0138-22-5915

●函館弁護士会
北海道函館市上新川町1-3 函館弁護士会館 1F
0138-41-0232
http://plala.or.jp

●高橋義隆司法書士事務所
北海道函館市新川町12-13
0138-22-9005

●小林法律事務所
北海道函館市大手町7-11
0138-22-1516

●寒川功一司法書士事務所
北海道函館市新川町27-7
0138-27-1955

●岩崎順造司法書士事務所
北海道函館市堀川町3-8
0138-86-7070
http://jun-iwasaki.com

●嶋田法律事務所
北海道函館市新川町18-12
0138-23-4834

●兼平法律事務所
北海道函館市中島町23-16
0138-84-8325
http://kanehiralaw.com

●山崎法律事務所
北海道函館市時任町2-10
0138-51-1100

函館市にある地元の司法書士や弁護士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ですが、直接相談よりも、インターネットでの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気負わずに相談できるという方も多いのではないでしょうか。

借金の返済問題に函館市で参っている人

クレジットカードのリボ払いや消費者金融などは、非常に高利な金利が付きます。
15%〜20%も利子を払うことになります。
住宅ローンだと0.6%〜4%(年)ほど、車のローンも年間1.2%〜5%ぐらいですから、その差は火を見るより明らかです。
そのうえ、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに金利を設定しているキャッシング業者だと、金利0.29などの高利な利子をとっていることもあるのです。
高利な金利を払い、しかも借金はどんどん増えていく。
お金を借りたのは自己責任なので仕方ないのですが、利子が高くて金額も大きいとなると、完済する目処が立ちません。
どのようにして返すべきか、もはや当てもないのなら、法務事務所・法律事務所に相談しましょう。
司法書士や弁護士なら、借金返済の解決策をきっと見つけ出してくれるでしょう。
長期の返済計画かもしれませんし、過払い金の返還で返す金額が減るのかもしれません。
まず相談する、これが解決のための始めの一歩です。

函館市/任意整理のデメリットって?|借金返済

借入れの返済をするのが出来なくなった時には出来るだけ早急に策を立てていきましょう。
放置していると今現在より更に利息はましますし、解消はより一層難しくなるだろうと予測できます。
借り入れの支払をするのが不可能になった時は債務整理がよくされるが、任意整理も又とかく選定される手法の1つでしょう。
任意整理の場合は、自己破産の様に重要な資産を無くす必要が無く借り入れの減額ができます。
しかも資格または職業の抑制も無いのです。
良い点が一杯ある手法とはいえるが、やっぱりデメリットもあるから、ハンデにおいても考えていきましょう。
任意整理のデメリットとしてですが、まず先に借り入れが全くなくなるという訳では無いという事はちゃんと納得しておきましょう。
削減された借入は3年ぐらいの間で完済を目標とするから、きちっと返却の構想を立てておく必要があります。
あと、任意整理は裁判所を通さないで債権者と直接話合いを行うことが出来るのだが、法の認識がないずぶの素人では上手に談判が進まない時もあるでしょう。
さらに不利な点としては、任意整理をしたときはその情報が信用情報に記載される事になり、世にいうブラックリストの情況になるでしょう。
その結果任意整理を行った後は5年から7年程の間は新規に借入れをしたり、クレジットカードを新しくつくることは不可能になるでしょう。

函館市|自己破産にあるリスクってどんなもの?/借金返済

はっきり言って世の中で言われているほど自己破産のリスクは多くないです。マイホーム、高価な車、土地等高価格のものは処分されるのですが、生活していくうえで必ず要る物は処分されないです。
また20万円以下の蓄えは持っていてもいいです。それと当面数箇月分の生活に必要な費用が百万未満ならばとられる事はないです。
官報に破産者のリストとして掲載されるのですがこれも極僅かな人しか見てないのです。
また俗にいうブラック・リストに掲載されてしまって七年間ほどの間はキャッシング・ローンが使用出来ない情況となりますが、これは仕方無いことでしょう。
あと決められた職種につけないと言うことも有るのです。しかしこれもごく一定の限られた範囲の職種です。
ですので債務超過で返済する事の出来ない借金を抱えてるのなら自己破産を行うというのも一つの手でしょう。自己破産を実行したならばこれまでの借金がなくなり、新たに人生をスタートするという事でメリットの方がより多いと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限とし税理士・弁護士・公認会計士・司法書士などの資格は取り上げられます。私法上の資格制限として後見人や保証人や遺言執行者にもなれないです。又会社の取締役などにもなれません。けれどもこれらのリスクはおおよそ関係が無いときが多いのじゃないでしょうか。リスクはさほど大きな物じゃ無い筈です。