堺市 借金返済 弁護士 司法書士

堺市在住の方がお金・借金の相談するならここ!

債務整理の問題

堺市で多重債務や借金などお金の悩みを相談するならどこがいいのか、決めかねているのでは?
どうせ相談するなら、優秀な弁護士・司法書士がいる法務事務所や法律事務所を選びたいもの。
このサイトでは、ネットで無料相談ができる、おすすめの法務事務所や法律事務所を厳選して紹介しています。
堺市にも対応していますし、相談は無料なので安心できます。
いきなり直接相談するのはちょっと気後れする、とりう人にもお勧めです。
借金返済・お金の問題で困ってるなら、まず弁護士や司法書士に相談して、解決への道を探してみませんか?

堺市の人が債務整理・借金の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

堺市の借金返済問題の相談なら、コチラの事務所がオススメです。
弁護士が対応してくれて、しかも全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が0円なので、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
費用の支払いは、分割払いの対応も可能。
弁護士への相談料金ももちろん0円!
借金の督促をストップするのも可能。
自己破産、過払い金、任意整理、個人再生、など、借金・債務の問題について無料相談できます。。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受け付けしてくれます。
フリーダイヤル(電話料0円)で相談受付してくれるので、借金返済で困っている方も今すぐ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国対応の、借金問題を相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、など、自分にピッタリのやり方で、どうしようもないほどの借金問題を解決に導きます。
また、過払い請求は初期費用0円で、取り戻せた過払い金から料金を精算できます。
任意整理についても、和解成功報酬や減額報酬などを一切取らないので、お得に解決が可能です。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の人でも安心して相談できます。
まずは無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

堺市の人が借金・債務整理の相談をするなら、まずコレもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という名の、ネット上の借金の診断ツールです。
カンタンな質問に答えるだけで、どうすれば借金が減るかという方法や、毎月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり司法書士や弁護士へ直接相談するのは、ちょっと怖い。
そんな方にもピッタリです。
しかも、無料&匿名で利用できます☆
全国に対応しているサービスなので、堺市に住んでいる人も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金減額のための方法が分かる!
  • 月々の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名・無料で使える!
  • 全国対応!
借金解決のための第一歩として、無料診断ツール、試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
匿名&無料で、借金の相談・診断を。



弁護士へ相談前の注意



堺市周辺の他の弁護士・司法書士の事務所を紹介

堺市には他にも複数の法律事務所・法務事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●堺法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁4-27 小西ビル 6F
072-232-5188
http://sakai-law-office.jp

●田中司法書士事務所
大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通8
072-233-1167
http://tanaka-shihou.com

●十三(司法書士法人)堺東事務所
大阪府堺市堺区中瓦町2丁3-23 堀ビル 4F
072-228-0084
http://13-office.jp

●シヴィル法律事務所 弁護士法人
大阪府堺市堺区南花田口町2丁3-20 住友生命堺東ビル3階
072-222-3120
http://civil.or.jp

●松本司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町5-32 新町ビル 6F
072-221-5300
http://office-matsumoto.biz

●関和男司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町5-4
072-222-3330
http://soseki.jp

●あい司法書士法人 堺事務所
大阪府堺市堺区北瓦町2丁1-19 たつみビル
072-222-4411
http://ai-shiho-shoshi.jp

●堺総合法律事務所
大阪府堺市堺区一条通20-5 銀泉堺東ビルディング 6F
072-221-0016
http://sakaisogolaw.net

●中谷優子司法書士事務所
大阪府堺市西区北条町1丁17-10
072-247-8820
http://office-nakatani.hp4u.jp

●吉田法務事務所
大阪府堺市堺区向陵中町4丁4-1 三栄ビル3階
072-254-5755
http://office-yoshida.net

●泉田法律事務所
大阪府堺市堺区新町4-7 材庄ビル 4F
072-222-1525
http://izuta-law.com

●はら(司法書士法人)
大阪府堺市堺区新町3-6
072-223-1560
http://hara-sakai-sihou.main.jp

●堺けやき法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁4-27 小西ビル 5F
072-224-5654
http://keyaki-lo.com

●齋藤司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町3-3 ルネッサンスビル 5F
072-225-5101

●岩井司法書士事務所
大阪府堺市堺区南瓦町1-19 グランビルド堺東301号
072-238-4500
http://legal-counselor.jp

●五月法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁1-21 堺東八幸ビル 5F
072-221-1807
http://satsuki-law.gr.jp

●フォーゲル綜合法律事務所 堺事務所
大阪府堺市堺区新町4-7 材庄ビル 4F
072-232-5400
http://vogel-law.jp

●弁護士法人アディーレ法律事務所 堺支店
大阪府堺市 堺区戎島町4-45-1 ホテル・アゴーラリージェンシー堺 リージェンシープラザ1F
0120-316-742
http://sakai.adire.jp

地元堺市の法務事務所・法律事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ですが、直接相談よりも、インターネットでの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、気負わずに相談できるのではないでしょうか。

堺市在住で多重債務に弱っている方

借金がものすごく多くなると、自分だけで返すのは困難な状態に陥ってしまいます。
あちらでも借り、こちらでも借り、多重債務で借金がどんどん膨らんでいくと、もう毎月の返済でさえ厳しい状態に…。
一人で完済するぞと思っても、どうしようもないことはどうしようもありません。
親などに頼れればいいのですが、結婚をもうしていて、配偶者に知られたくない、という状況なら、より困ることでしょう。
そんなときはやっぱり、司法書士・弁護士に相談するしかありません。
借金・お金の問題を解決するための知恵や計画をひねりだしてくれるでしょう。
毎月に返すお金を減らしてもらい、長期で返済したり、過払い金を返還してもらい、返済金額を減らしてもらったり、などです。
どうしようもない状態なら司法書士や弁護士に相談してみましょう。

堺市/任意整理のデメリットとは?|借金返済

借入の返却が滞ってしまった時にはできるだけ迅速に処置しましょう。
そのままにしておくと今現在より更に利子は増していくし、片が付くのはより難しくなるだろうと予想できます。
借入れの支払いをするのが滞った時は債務整理がとかく行われますが、任意整理もまたとかく選定されるやり方のひとつでしょう。
任意整理の時は、自己破産のように大事な資産を維持したまま、借金の減額ができるのです。
そうして職業若しくは資格の限定もありません。
メリットの多い進め方とは言えるが、やっぱりハンデもあるので、ハンデについてもいま一度考慮していきましょう。
任意整理の欠点としては、初めに借入が全部チャラになるというわけでは無いという事をきちんと把握しておきましょう。
削減をされた借入は3年位の期間で全額返済をめどにするので、きっちり返金構想を立てる必要があります。
あと、任意整理は裁判所を通さないで債権者と直に交渉をすることが出来るのですが、法の認識の無いずぶの素人じゃ巧みに交渉が出来ない時もあるでしょう。
更にデメリットとしては、任意整理をしたときはその情報が信用情報に掲載されることとなるので、世にいうブラック・リストと呼ばれる状態に陥るのです。
その結果任意整理を行った後はおよそ5年〜7年程度の間は新規に借入をしたり、クレジットカードを創る事は難しくなるでしょう。

堺市|個人再生手続きは弁護士と司法書士のどちらが良いか/借金返済

個人再生をする際には、弁護士若しくは司法書士に依頼を行う事ができます。
まず、司法書士に個人再生の手続きをお願いする時は、書類作成代理人として手続きを代わりにしていただくことが可能なのです。
手続をおこなう際には、専門的な書類を作成し裁判所に出すことになると思うのですが、この手続きを全部任せると言うことが出来ますので、面倒臭い手続きを実行する必要が無くなってくるのです。
ただし、司法書士の場合は、手続きの代行を行うことは可能なのですが、代理人ではないために裁判所に出向いた時に本人にかわり裁判官に答えることができません。
手続を行う中で、裁判官からの質問を受ける場合、自身で返答しなければいけないのです。
一方、弁護士の場合は、書類の代行手続だけじゃなく、裁判所に出向いた場合に本人にかわり受け答えを行っていただく事が可能です。
弁護士は、個人再生を初めとする債務整理手続きに慣れている状態になりますので、質問にも適格に受け答えをする事が可能なので手続きがスムーズに行われる様になります。
司法書士でも手続をやることは可能だが、個人再生に関して面倒を感じる様なことなく手続きを実施したい際には、弁護士に頼んでおいた方が安堵できるでしょう。