風呂上がりの暖房で汗だく >

風呂上がりの暖房で汗だく

「経営者」のことを特別に思っている人って、どれくらいいるんだろう。過去の体験や固定観念とかが、「部下」と結びついちゃうことも、よくある話って言われそうだし。
写真

寒い休日の夕方はビールを

たばこは健康に良くない。
など、理解していても買ってしまうものらしい。
社会人になりたての頃、仕事の関係で紹介された建設会社の専務のおじさん。
「この体が元気なのは、タバコと酒のおかげです!」なんてハキハキと言い切っていた。
こんなに言われると、失敗が目に見えている脱ニコチンはしなくてもいいのかもしれないと感じる。

雨が降る仏滅の朝に読書を
一年の中で、梅雨の季節が気に入っている。
空気はじめじめするし、出かければ濡れてしまうけれど。
それは、小さいときに、雨の日に咲いていた紫陽花がきれいで、それからこの花を楽しみに待っている。
出島で知り合い付き合い始めた、シーボルトとお瀧さんのアジサイ逢瀬をご存じだろうか。
オランダ人の中に紛れ込んで来日してきた、ドイツ人のシーボルトが、あじさいを見ながら「お瀧さんにそっくりな花だ」と話した。
この時期に可憐に咲くアジサイを見ながら何度も、お瀧さん、お瀧さんとつぶやいた。
そのうち訛って、この花はおた草と異名を持つようになったという。

気持ち良さそうに吠える君と突風

一般事務で就いていた時の大好きな先輩は、社長の娘で、これぞセレブだった。
小柄で明るくてハイテンションで、動物を愛する先輩。
愛護サークルなど立ち上げて、そこそこ運動をしている様子。
革の使用反対、お肉食べない、動物実験取りやめ賛成。
一度部屋に訪れたことがあった。
都心にある背の高いマンションで、レインボーブリッジが見下ろせる場所。
先輩は、手入れの行き届いた上品なシャムネコと一緒に住んでいた。

月が見える月曜の夕暮れは友人と
作家、江國香織の本に登場する女性は、なんとなくアンニュイだ。
話に出せば、落下する夕方の華子。
他にも、スイートリトルライズの瑠璃子。
もう一つ上げると、ウエハースの椅子の女性画家など。
江國香織の持ち合わせている性質を、大げさにして表現した形なのかもしれない。
徹底的にクレイジーだと思うのが、神様のボートの葉子だ。
もしかすると迎えに来る可能性もあるあのひとのために、色々な街に引っ越す。
恋人を忘れないで、再び会えると思い込んで。
挙句の果てにママは現実を生きていないと娘の草子に言われるが、葉子にはそこまでよく理解されない。
これが、この本の接待的にクレイジーなところだ。
私はウエハースの椅子には簡単に座れないけれど神様のボートには乗りたい。
江國香織さんの書く、クレイジーだけど綺麗で少々病んだ女性たちが大好きだ。

夢中で歌う母さんとあられ雲

「絶対にこうで当たり前だ!」と、自身の価値観のみで人を見極めるのは悪ではないと思う。
とは言っても、世の中には、自我と言うものが個人の周辺に漂っている。
これらを考慮すれば、自信を持つのは良いけれど、あまり否定するのは不要かも?と考える。
これ、個人の考えでしかないけれど。
生活しにくい世の中になる可能性のあるかもしれない。

月が見える週末の午後は友人と
昔、短大を卒業してすぐ、仲良しの3人でお隣の国のソウルに旅行に行った。
初の海外旅行で、宿に短期の宿泊だった。
繁華街をいっぱい見て、ワクワクしてたけれど、しだいに道に迷ってしまった。
日本語は、当然理解されないし、英語も全然通じなかった。
あわてていると、韓国人のお兄さんが、上手な日本語で戻る方法を教えてくれた。
大学時代時に東京に来て日本語の習得をしたという。
そのことから、また、順調な海外の旅をすることが可能になった。
帰る当日、電車で道を教えてくれたその人に縁があってばったり会った。
「またきてください」と言われたので、私たちはこの国が好きな国になった。
いつも連休は韓国観光が恒例だ。

息絶え絶えで歌う兄弟と公園の噴水

各都道府県には、数えきれないくらいの祭事が存在するだろう。
自分の目で見たことはないけれどとても良く知っているのは、秩父夜祭で、別名、冬祭りだ。
圧倒されるような彫刻を彫った、笠鉾と屋台の合計6基。
お祭り会館を見学したときに、写真や実際の大きさの屋台と笠鉾を見せてもらった。
寒い12月に行われるので、冬祭りという別名でも呼ぶようだ。
リアルタイムで見たい祭りの一つなのである。
8月にあるのは、福岡県福岡市の放生夜がよく知られ、万物の生を奪う事を制限する祭事。
昔は、この祭事の間、漁業も禁止されたらしい。
受け継がれてきたお祭りも大事だが、私は屋台のリンゴ飴も同じく好きなのだ。

雲が多い仏滅の早朝はビールを
すごく甘いおやつが好きで、ケーキなどをつくります。
普通に泡だて器でしゃかしゃか混ぜて、オーブンで焼いて作成していたのだが、最近、ホームベーカリーで作ってみたら、たいそう手軽でした。
こどもにも食べてもらう、ニンジンを細かくして混ぜたり、バナナを混ぜたり、栄養が摂取できるように気を付けている。
甘味料が控えめでもニンジンやかぼちゃ自体の甘さがあるので、喜んで口にしてくれます。
近頃は、スイーツ男子という表現もメディアで言っているから普通だけども、しかし、昔は、ケーキを自分で作っているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
このごろは、そんな男の子が多いよねと言われたりします。

雹が降った週末の夜明けは昔を思い出す

お気に入りのアーティストはいっぱい居るけど、ここ最近は海外の音楽ばかり選んでいた。
一方、日本国内のアーティストの中で、ファンなのがcharaだ。
CHARAは凄い数の作品を出している。
有名なのは、FAMILY、タイムマシーン、罪深く愛してよなど。
国内たくさんのミュージシャンが存在するが、チャラはチャラは素晴らしい個性がピカピカと光っている。
日本国内には、海外でも仕事をするミュージシャンも多くいるが、charaも人気が出るような予感がある。
あたしなんで抱きしめたいんだろう?「あたしを無人島に持って行って」
こう言った題名が思いつくことに驚く。
半分以上の曲の作詞作曲もしていて私の意見としては想像力が豊かでカリスマっぽい才能がある存在だ。
judy&maryのYUKIとコラボレーションし、作った「愛の火、3つ、オレンジ」も、印象的。
カッコよかったから。
誰もが一度は思う、思われたい感じの事を、工夫して一言で表現している。
キャッチフレーズのコンテストなどに入賞されそうだ。

じめじめした土曜の夜は足を伸ばして
さやかちゃんは見た目はおとなしそうに見られるようだけど、活動的な女友達。
優しい旦那様と、1歳の賢治の、3人暮らしで、エスニック料理店の向かいのマンションに住んでいる。
仕事も子育てもささっとこなして、毎日が充実していて、時間の使い方は素晴らしい。
少しでも時間があれば、今日うちに来てくれる?と絶対メールを入れてくれる。
私はよくドーナッツを作って、彼女のうちにおじゃまする。

xn--u9jz52gmqcba237jiycov9a7o0cca990k.com
薬剤師が就職先・転職先を見つけるならこちら。就職・転職のための求人、情報をしっかり検討するためには、ネットの求人・転職サイトの求人案件は、重要です。

サイト内コンテンツ

Copyright (c) 2015 風呂上がりの暖房で汗だく All rights reserved.
▲ページの先頭へ