借金返済 弁護士 司法書士

全国や地方在住の人が借金や債務の相談するならどこがいいの?

借金の利子が高い

全国や地方で借金・債務などお金の悩み相談をする場合、どこがいいのか迷っているのでは?
せっかく相談するのであれば、優秀な司法書士や弁護士が相談にのってくれる法律事務所・法務事務所を選びたいもの。
このサイトでは、ネットで無料相談ができる、オススメの法律事務所・法務事務所を紹介しています。
もちろん全国や地方にお住まいの方にも対応していますし、相談は無料なので安心です。
直接相談をいきなりするのは少し不安、と思っている方にもお勧めです。
多重債務・借金返済のことで困ってるなら、まずは弁護士や司法書士に相談して、解決への道を探しましょう!

全国や地方の人が債務整理や借金の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

全国や地方の債務・借金返済問題の相談なら、ここがお勧め。
弁護士が対応してくれる、全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が0円なので、今の手持ちがなくても安心です。
弁護士料金の支払は、分割払いでもOKです。
弁護士への相談料金ももちろん無料!
借金の取り立てをストップすることもできます。
個人再生、任意整理、過払い金、自己破産、など、借金や債務の悩みについて無料相談できます。。
しかも、無料相談窓口では24時間365日、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(電話料金0円)で相談受付が可能なので、借金返済で悩んでいる方も今スグ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国対応の、借金や過払いの問題を相談できる司法書士事務所。
任意整理、自己破産、個人再生など、自分に適した方法で、どうしようもないほどの借金問題を解決に導きます。
また、過払い請求は初期費用0円で、戻ってきた過払い金から精算できます。
任意整理も、和解成功報酬・減額報酬などは一切支払わなくてよいので、安く解決することができます。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのも強みです。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の人でも安心して相談できます。
まずは気軽に無料相談からいかがでしょうか。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

全国や地方の方が借金・債務整理の相談をするなら、コレもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という名の、ネットを使った診断ツールです。
とてもカンタンな3つの質問に答えるだけで、借金をどうやって減らすかの方法や、月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、ちょっと気後れする。
そんな人にピッタリです。
しかも、無料で、匿名で使えます☆
全国に対応のサービスなので、全国や地方の方も安心です。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすか分かる!
  • 毎月の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 無料・匿名で利用できる!
  • 全国対応!
借金問題を解決するための第一歩として、無料診断、試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
無料&匿名で、借金の相談・診断を。



弁護士へ相談前の注意



他の全国や地方近くの司法書士・弁護士の事務所の紹介

全国や地方には他にも複数の弁護士や司法書士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。




全国や地方にある地元の司法書士や弁護士の事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ですが、直接相談よりも、「診断シミュレーター」やネットでの無料相談などの方が、気軽に相談できるのではないでしょうか。

全国や地方在住で多重債務や借金返済に参っている方

クレジットカードのリボ払いやキャッシング業者などは、かなり高額な利子がつきます。
15%〜20%も利子を払うことになります。
住宅ローンの利子は0.6%〜4%(年間)ほど、自動車のローンも1.2%〜5%(年)ぐらいなので、その差は火を見るより明らかです。
さらに、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに利子を設定している消費者金融だと、なんと金利0.29などの高い利子を取っている場合もあるのです。
高額な金利を払いながらも、借金は増えていくばかり。
借金を増やしたのは自己責任なので仕方ないのですが、金額が大きくて利子も高利という状態では、返済するのは辛いものでしょう。
どうやって返済すべきか、もう当てもないなら、法律事務所・法務事務所に相談するしかないでしょう。
弁護士・司法書士なら、借金・お金問題の解決策を見つけ出してくれるはずです。
長期返済の計画かもしれないですし、過払い金の返還で返す額が減るかもしれません。
まず相談する、解決するにはこれが第一歩です。

/借金の遅延金の減額交渉って?|借金返済

借金が返す事ができなくなってしまう理由の一つに高額の金利が上げられるでしょう。
いま現在はかつてのようにグレーゾーン金利もなくなっていますが、それでも無担保のキャッシング・カードローンの利息は決して金利は決して低いと言えないでしょう。
それゆえに返済のプランをちゃんと立てておかないと返金が難しくなってしまい、延滞が有るときは、延滞金も必要となります。
借金はほうっていても、より利息が増し、延滞金も増えてしまいますから、迅速に処置することが重要です。
借金の払戻が滞ったときは債務整理で借金をカットしてもらう事も配慮していきましょう。
債務整理もさまざまな進め方が有りますが、カットする事で返金が可能であるのならば自己破産よりも任意整理を選ぶと良いでしょう。
任意整理を実施したら、将来の利子などを減じてもらう事が出来、遅延損害金などの延滞金が交渉により少なくしてもらうことが出来ますので、かなり返済は楽に出来るようになるでしょう。
借金が全く無くなるのじゃありませんが、債務整理する前に比べて大分返済が減るので、より順調に元金が減額できる様になります。
こうした手続は弁護士などその分野を得意とする人に依頼したらよりスムーズに進むから、まずは無料相談等を活用してみてはいかがでしょうか。

|自己破産のリスクって?/借金返済

はっきり言えば世間一般で言われるほど自己破産のリスクは少ないです。高価な車やマイホームや土地等高価値なものは処分されるが、生活の為に要る物は処分されないです。
また20万円以下の預金も持っていてもいいです。それと当面の間数カ月分の生活費100万円未満なら取り上げられる事はないです。
官報に破産者の名簿として載るがこれも極特定の方しか見ないでしょう。
また俗にいうブラックリストに掲載されしまって7年間程度の間キャッシングもしくはローンが使用ローン又はキャッシングが使用できない情況になりますが、これは仕様が無い事です。
あと一定の職に就職できないという事があるのです。ですがこれも僅かな限られた範囲の職種です。
ですから債務超過で返金することの出来ない借金を抱えこんでるのなら自己破産を実施するというのも一つの方法でしょう。自己破産を実施したならば今までの借金がすべてなくなり、新たに人生をスタートすると言う事で良い点の方がより大きいと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限とし税理士、司法書士、公認会計士、弁護士等の資格は取り消されるのです。私法上の資格制限とし保証人・遺言執行者・後見人にもなれないのです。又会社の取締役等にもなれません。しかしながらこれらのリスクはおおよそ関係がない時が多いのじゃないでしょうか。リスクはさほど大きなものじゃ無い筈です。